乾燥した唇をうるプルに!リップケア総合ガイド これで乾燥知らず!うるうる唇になれるリップケア選びNavi

乾燥から守るための予防ケア

唇を乾燥から守るために心がけたい、日常でできる予防ケアについてご紹介しています。積極的に摂りたい栄養素や食べ物、血行を促進する唇マッサージの方法についても要チェックです!

食べ物やマッサージで乾燥を防ぎ、目指せふっくらぷるぷるリップ!

唇を乾燥から守る食べ物・マッサージ法唇はデリケートですが回復力も高いため、毎日正しくケアをすれば短期間での改善が期待できます。以下のことに気をつけて、乾燥知らずのぷるぷる潤いリップを目指しましょう。

洗顔時は唇も優しく洗おう
洗顔やクレンジングの際に、唇を意識していますか?唇に残った汚れやメイクをきちんと落としておかないと、乾燥や荒れの原因となります。しかし、ゴシゴシと力を入れて洗うのはNG。肌と同様に泡洗顔が基本、こすらず優しくなぞるようにして洗いましょう。
洗顔後は水分を拭き取り、必ず保湿ケアを。刺激が少なく保湿力の高い、唇用美容液がベターです。

唇を乾燥から守る食べ物・マッサージ法ビタミンB2を積極的に摂ろう
正常な皮膚・粘膜の維持に必要なビタミンB2。不足すると唇が荒れることがあるため、意識的に摂取することが大切です。
ビタミンB2を多く含む食材は、ほうれん草・たまご・うなぎ・レバー・納豆など。毎日のメニューに積極的に取り入れましょう。

唇マッサージを取り入れよう
唇をマッサージすることで血行を促し、回復力を高めることができます。まず、滑りを良くするためにワセリンやリップクリームを塗ります。
次に、指の腹を唇に当て、小さな円を描くように優しくマッサージしていきましょう。皮膚が剥がれてきたら優しくティッシュオフ、無理やり剥がすのはNGです。

水分の蒸発を防ぐ
室内では加湿器を使用するなどし、潤いを保つようにしましょう。外出時はマスクをして、外気に触れるのを極力防ぐようにすると◎。とくに冬場は、のどの乾燥や風邪防止にもなって一石二鳥です。
マスクは使い捨てタイプを選び、汚れたらこまめに交換するようにしましょう。また、マスクの素材が唇に当たりっぱなしにならないようご注意を。

就寝前のケアを念入りに
寝ている間は新陳代謝が活発になるため、就寝前のケアは重点的に行いたいもの。洗顔で唇をキレイにした後は、保湿効果のあるケアアイテムをしっかり塗りましょう。
普通のリップクリームではなく、専用の唇美容液を使うのがベストです。

唇パックでスペシャルケア
荒れてしまった唇にはパックが効果的。はちみつやオリーブオイルを使う方法もありますが、おすすめは唇専用の美容液。保湿効果と浸透性がとても高いため、かなりの改善効果が期待できます。
まず美容液を唇に塗り、ラップをかぶせて5分ほどパック。その上から蒸しタオルを当てると、より効果が高まりますよ。

私の唇は季節問わず、いつもカッサカサ。 唇がガサガサだと、ジュースを飲んだりご飯を食べるときもヒリヒリするし…。
「なんとかしなきゃ!」と思い、人気のリップクリームをいろいろ試したけど、なかなか治らなかったんです。 そこで、私が注目したのは「唇用美容液」
いろいろ調べた中でも特に良かったものを使ったら、ガサガサだった唇がうるうるに!乾燥しやすい場所に長時間いても、皮剥けもひび割れが起こらなくなったんです。

サイトマップ